• まつだいら たけおう  
  • 松平 竹央 (知財経営研究社)
  • 知財経営研究社 (中小企業の経営・知財戦略や産学連携等の支援。 国家検定 知財検定1級教材制作・販売)

勤務先情報

会社名
知財経営研究社 (中小企業の経営・知財戦略や産学連携等の支援。 国家検定 知財検定1級教材制作・販売)
役職
代表
メールアドレス
matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp (★は@に)
メールアドレス
chizai★ac.auone-net.jp(★は@に)
URL

パーソナル情報

メールアドレス
matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp (★は@に)
URL
自己紹介
知財経営研究社 代表(松平竹央)の公開プロフィールです。
(現在、Webサイトの改訂を進めております)
<経営支援事業> http://www.chizaikeiei.net/
<出版事業>   http://www.chizaikeiei.com
 
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)では理事・企画部長を務めております。
JCG会員としてのプロフィールは次のものです。
https://cybozulive.com/profile/tmatsudaira

城西コンサルタントグループとは?
http://www.chizaikeiei.net/jcg.html

国家検定「知的財産管理技能検定1級」の試験教材を制作・販売している数少ない事業者です。
「知財検定1級 合格マニュアル」は、2010年の販売開始以来、数多くの「一級知的財産管理技能士」(国家資格)の輩出に貢献しております。
※知的財産管理技能検定1級の合格のために
http://www.chizaikeiei.com/goukaku.html
 
知的財産マネジメントを体系的に学習するには、まずは知的財産管理技能検定2級の取得に取り組まれてはいかがでしょうか。
 
経営戦略と知的財産に明るい中小企業診断士、一級知的財産管理技能士です。
中小企業の経営、知的財産戦略、産学連携活動支援に力を注いでいます。

メールアドレス 
matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp または
chizai★ac.auone-net.jp
(★は@にして下さい。)
セミナー等のご相談はお気軽にどうぞ。


1.職歴

1989年~2008年 富士電機株式会社勤務。
マーケティング、新製品・新事業開発、研究開発、営業、知的財産業務に従事。
事業戦略・研究開発戦略・知的財産戦略・標準化戦略(国際標準化)に関する業務に約20年間従事致しました。
知財業務に関しては、事業部門、研究開発部門、知的財産管理部門のそれぞれの立場で取り組みました。部門それぞれの、知的財産に関する見方の違いを実体験しています。
産業用ネットワークシステムの国際規格化、国際標準化戦略、とりわけデファクト標準化の業務に携わりました。
また、MEMSなどの技術分野において数多くの大学との共同研究等のプロジェクト管理等に携わってきました。

2009年 中小企業診断士として独立。
現在、「知財経営研究社(個人事業)」代表。
事業部門、研究開発部門、知的財産管理部門それぞれの立場で、知財戦略業務に携わりました。
マーケティング業務・新製品開発・新事業開発の業務歴が最も長いのですが、契約や知財業務で「痛い目」にあった経験を踏まえ、中小企業に対する経営戦略等の支援に取り組んでいます。
独立後も数多くの大学との接点を作り、中小企業の産学官連携・医工連携活動支援に取り組んでいます。
大学で関わったプラズマ工学(プラズマ計測)、企業で関わったRFID、MEMS、半導体、バイオリアクター、テレマティクスなどの技術や、以前関わりのあった企業様が、中小企業診断士としての活動としても結び付いてくることに不思議なご縁を感じます。


2.主な資格

(1) 国家資格
① 中小企業診断士 
② 1級知的財産管理技能士(特許専門業務)
③ 1級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務(著作権関連))
※知的財産管理技能検定1級の合格のために
 http://www.chizaikeiei.com/goukaku.html

(2) その他資格
① ビジネス実務法務検定2級
② 経営戦略塾認定 1級インストラクター


3.得意領域

(スキル)
経営戦略、マーケティング戦略、知的財産戦略支援、産学官連携(契約・知財・共同開発・事業化支援)

(業界)
製造業全般。技術を強みに事業を行っている企業。

(ステージ)
創業、成長期、経営革新期 


4.所属等

① 城西コンサルタントグループ(JCG) 理事・企画部長
 http://www.chizaikeiei.net/jcg.html
② NPO法人産学連携学会 理事
*当学会よりH28年「功労賞」を頂きました。
 http://www.j-sip.org/hyosho/hyosho_in.html
③ 日本知財学会
④ 医療系産学連携ネットワーク協議会(medU-net)
⑤ 日本医工ものづくりコモンズ会員
⑥ 株式会社キャンパスクリエイト(広域TLO) フェロー


5.専門家登録

① ミラサポ
② 東京商工会議所(ビジネスサポートデスク)
③ 公益財団法人さいたま市産業創造財団
④ さいたま商工会議所
⑤ 広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)(横浜市工業技術支援センター/知的財産担当)
https://www.iri-tokyo.jp/mtep/
⑥ 経産省「知財人材データベース」
https://chizai-jinzai-db.go.jp/
*こうした専門家派遣制度により、企業様の経営戦略、知財戦略・知財管理、産学官連携等に関する支援を数多く実施しております。


6.最近の経営支援等

① 食品卸売業(経営戦略・ブランド戦略策定支援)
② 製造業(経営戦略・知的財産戦略策定支援)
③ 運送業(知的資産経営戦略策定支援)
④ 卸売業(事業計画・戦略策定支援(制度融資獲得支援))
⑤ 製造業(産学連携・ビジネスマッチング支援)
⑥ 補助金獲得(創業補助金・ものづくり補助金ほか)
⑦ 平成26・27年度 経産省公募事業「(大学発)シーズ発掘調査事業」コンソーシアム 専門委員
⑧ 製造業(経営革新計画の実行支援)
⑨ 製造業(「ものづくり補助金」成果の事業化支援および経営後継者育成)
⑩ 製造業ほか(「経営力向上計画」策定支援)
※生産性向上特別措置法に基づく先端設備等導入計画の申請支援も行わせて頂く予定です。

7.最近のセミナー講師実績

① 知的財産管理技能検定(知財検定)1級に合格するための勉強方法
② 『下町ロケット』で学ぶ中小企業の知財戦略
③ ビジネス著作権入門
④ 営業秘密管理入門
⑤ 契約と知的財産の基礎講座
⑥ 「ものづくり補助金」の獲得・活用
⑦ 中小企業に対する経営・知財戦略支援
⑧ 特許事務所・弁理士様向け補助金セミナー
⑨ 海外事業展開のための知財戦略 
⑩ 知的財産経営とマーケティング戦略(オープン&クローズ戦略、下請企業でもできる技術ブランディングなど)
⑪ 中小企業等経営強化法の概要
 (「経営力向上計画」策定のポイント)
※『下町ロケット』を素材としたセミナーは、メディアの記事としてご紹介して頂いたことがあります。
※先端設備等導入計画セミナーなども企画してまいります。
http://www.chizaikeiei.net/sentan_semi.html
 
8.最近の研修講師実績

① 平成26年度中小企業診断士向け理論更新研修「中小企業のための知財戦略支援」
② 全国「ものづくり補助金」担当者向け研修「中小企業のための知的財産戦略支援」
③ 高度実践型支援人材育成研修
④ トップライン(売上高向上)研修
⑤ 売れる商品企画と知的財産権
⑥ 経営支援人材育成研修
⑦ 創業支援塾
⑧ 若手社員向けビジネス法務研修
⑨ ビジネスプラン作成研修


9.最近の著作物
http://www.chizaikeiei.com/chosakubutsu.html
① 国家検定 知財検定1級 合格マニュアル(特許専門業務)(知財経営研究社)
② 国家検定 知財検定1級 合格マニュアル(コンテンツ専門業務)(知財経営研究社)
③「海外事業展開のための知的財産権」(月刊誌 プラスチックス)
④「グローバル競争に勝ち残る人材育成」(月刊誌 プラスチックス)
⑤「製品開発のための補助金・助成金」(月刊誌 機械と工具)
⑥「知財戦略のための補助金・助成金」(月刊誌 機械と工具)
⑨「海外知財戦略のための補助金・助成金」(月刊誌 機械と工具) ほか多数


10.ブログ

①「売れる理由づくり」
http://tmatsudaira.blog.fc2.com/
②「知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/chizaishindanshi
③「産学連携・産学官連携活動に取り組む中小企業診断士のブログ」
http://blogs.yahoo.co.jp/sangakurenkeishindanshi
④「チームCLINEのブログ 『下町ロケット』で学ぶ経営戦略」 
*『下町ロケット』を題材に、中小企業の経営戦略、知財戦略(知的財産戦略)、組織開発、人材育成などについて述べたものです。
http://blogs.yahoo.co.jp/clineshippitsuteam
⑤ 知財経営研究社(知的財産管理技能検定1級合格マニュアル関連)のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/chizaikeiei
 
 
メールアドレス 
matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp または
chizai★ac.auone-net.jp
 (★は@にして下さい。)

セミナー等のご相談はお気軽にどうぞ。


■ 経営戦略支援について
中小企業診断士とは、国家資格試験等に合格して登録された、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。
① 診断士としての経営診断と、それを踏まえた経営戦略策定の支援を致します。知的資産経営・知的財産経営の観点から提言を行います。よく、診断士を含む士業の方による「知的資産経営」は、知的財産(営業秘密など)・知的財産権(特許、商標、意匠、実用新案、著作権など。外国の知財制度の視点も)のことを不得手としている方によるものであることが少なくありません。
② 一般社団法人 経営戦略塾 の認定1級インストラクターとして、経営戦略セミナー等も行っております。
③ 経営戦略とマーケティング戦略などを踏まえた、新製品・新商品の開発の支援を致します。
 売れる製品開発のためには、製品企画がとても重要です。「売れる製品企画」について、しっかりとお伝え致します。その際、ネーミングや技術に関する知的財産の視点も見落とさないようにします。グローバル競争の環境下にあることも忘れてはなりません。
④ 必要に応じて、補助金・助成金の獲得・活用の提案と支援を行います(原則、単なる申請代行・作成代行は行いません)。
⑤ ブログ「売れる理由づくり」
http://tmatsudaira.blog.fc2.com/
⑥ 「経営力向上計画」「先端設備等導入計画」に関するセミナー等についてもお気軽にご相談下さい。
http://www.chizaikeiei.net/sentan_semi.html
※先端設備等導入計画につきましては、申請書の様式、策定の手引き(申請マニュアル)などの情報も当社Webサイトでお伝えして参ります。

■ 知財戦略(知的財産戦略)について
知的財産とは、発明や創作によって生み出されたものについて、生み出した人や企業の財産として所定の期間保護される権利です。
知的財産権とは、特許権、商標権、著作権などのことです。広くは、不正競争防止法などで保護される営業秘密に関する権利なども含まれます。
知的財産戦略とは、または知財戦略とは、知的財産の持つ価値や法的効力を経営に活かす戦略のことです。
① 経営に資する知財戦略の策定支援を行います。
 これまで、数多くの知財戦略セミナーを拝聴させて頂きましたが、知的財産戦略としての最適化の域にとどまっている(経営戦略に資するものか心もとない)ものが多いという印象です。
 知財戦略は、経営戦略にしっかりと組み込むことが重要です。
 このために、バランススコアカードを応用した、経営戦略マップという考え方のツールを用い、この経営戦略マップに知財戦略も位置付けるという手法で知財経営コンサルティングを行っております。
 なお、知的財産経営よりも広い概念である知的資産経営という観点で分析と戦略立案を行う場合もあります。
② 私は企業においては、事業戦略、研究開発戦略、知財戦略、標準化戦略(国際標準化)に携わってきました。
よく言われる三位一体経営とは、事業戦略、研究開発戦略、知的財産戦略の3つの戦略を連動させ経営戦略の全体最適化を図ることです。しかしそれだけでは何だか当たり前すぎて結局何をすれば実現できるのかわからないと思います。
四位一体経営とは、上記に標準化戦略も加えたものです。
「三位一体(または四位一体)」が難しい理由の1つ(おそらくは最大の理由)が「ヒューマンファクター」によるものであり、個々の企業ごとに課題は様々です。とても難しいことなのですがこれを踏まえなければ、いくら整然とした戦略理論を適用しようとしてもよい方向には進まないことでしょう。
最適な知財戦略をともに構築して参りましょう。
中小企業は、大企業よりも知財戦略の効果がてきめんに現れることが少なくありません。オープン&クローズ戦略も実践しやすい場合があります。
なお、いわゆる下請を行われている中小製造業においても、知的財産を上手に活用することで、ブランド力や交渉力の強化につながる場合があります。技術ブランディングとは、まさに技術そのものによるブランディングですが、技術によいネーミングを行い、できれば商標登録出願することが肝要です。
③ 特許事務所・弁理士様とは異なる視点での支援を致します。とりわけ、経営戦略に資する知財戦略のあり方を提言致します。例えば特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)を営業活動に役立てる方法を提案します。また、保有する特許の棚卸をお勧めする場合もあります。これにより無用な知財管理経費を削減することに寄与する場合があります。一定の規模の特許ポートフォリオを有しているレベルの企業様であれば、簡単なデータベースを作って知財管理と契約管理、他社の特許ウォッチングを行うことをお勧めします。こうしたことを、人材や資金という経営資源の実情や制約も踏まえながら提言致します。
④ 実際の経営・知財戦略コンサルティングでは、知財が経営課題として最優先すべきものではないケースが少なくありません。
 特に、人材育成や知財マインドの形成が課題になるケースが多いと感じています。
 やはり、経営課題の全容を把握することから取り組む必要があることを実感しています。経営資源としての知的財産の分析も、経営診断全体の中の一部として位置づけられます。
 また、出願戦略よりも、営業活動にJ-PlatPatを役立てることで費用をさほどかけずに即効性が得られる場合もあります。
⑤ 必要に応じて、技術開発や知的財産の取得等に活用できる補助金・助成金の獲得・活用の提案と支援を行います。特許事務所の方が意外とご存じないことが多く、特許事務所・弁理士の方を対象とした補助金・助成金のセミナーを過去に数回行ったことがあります。
 知財活動に利用可能な公的支援策・補助金等は、下記サイトにまとめてあります。
http://www.chizaikeiei.net/chizai.html
⑥ 国家検定「知的財産管理技能検定1級」の教材を制作・販売しております。
 企業における知財人材(知財人財)の育成支援も致します。 中小企業における知財人材育成には、知的財産管理技能検定の2級をお勧めする場合が多いです。
⑦ ともすれば法律や制度の話に偏りやすい、知財戦略セミナーを、小説『下町ロケット』や実際の事例を用いて楽しく、分かりやすいものとすることができます。
 弁護士・弁理士ではない、診断士としての切り口でお伝え致します。
 私の”定番”のセミナーコンテンツです。小説『下町ロケット』中小企業の方の知財マインドを高める効果も期待できます。知財マインドとは、知財の力を用いて経営をよくしていこうという意識・意欲のことをいいます。知財マインドがないと、様々な法律や制度の知識を習得しようというモチベーションもあがりません。
 『下町ロケット』のシーン解説などは、ブログでも紹介しています。
http://blogs.yahoo.co.jp/clineshippitsuteam
Webページ『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の経営戦略 と 知財戦略
http://www.chizaikeiei.com/shitamachi.html
⑧ 必要に応じて、特許事務所や弁理士の方、知的財産コンサルティングを行っている方と共同で支援致します。
 日本弁理士会と中小企業診断協会は協定を締結しており、協業の可能性を模索しています。
 弁理士会との会合にもときどき参加しております。
 また、経産省の「知財人材データベース」の登録専門家の会合にも参加しております。
 日本知財学会では、知財人財育成研究分科会によく参加しております。
 実際に、知財セミナーを共同開催したり、特許や商標の出願案件を弁理士の方に紹介したりといった実績がございます。
⑨ 先日、とある事業者様を説得して、商標登録をして頂きました。簡単に安物・まがい物が作られてしまう恐れがあったためです。反対に、特許出願などのご相談を頂いても、出願をお勧めしない場合があります。また、早期審査請求制度を利用される方は多いのですが、メリットだけでなくデメリットがあることを理解されていないことが多く、注意を呼びかけることもあります。
⑩ 中小企業のための知的財産関連支援施策(補助金・助成金、特許料等の減免制度など)の普及に努めております。「ものづくり補助金」など、ほとんどの補助金・助成金はいわゆる「みなし大企業」は対象外ですが、経営革新計画、特許料等の減免制度は「みなし大企業」も対象となります。知的財産戦略を実施する上で、経費をできるだけ抑えるためのご提案をしております。
ちなみに、中小企業とは?(=定義)につきましては、中小企業基本法という法律で定められています。施策によっては、中小企業等経営強化法の定義が適用される場合もあります。

 
■ 産学連携・産学官連携について
産学連携とは、民間の企業と大学・高専などの教育機関が相互に協力して新事業を創出したり地域を活性化する取り組みのことです。
産学官連携とは、上記に加えて公的機関(公設試や政府系研究機関など)も加わる場合のことです。
医工連携とは、医療系の大学や企業、工学系の大学や企業との相互協力で医療機器等を開発・事業化する取り組みのことです。
① 富士電機株式会社に勤務していた頃に数多くの大学との共同研究プロジェクトに携わりました。(東北大学、東京工業大学、首都大学東京、大阪大学、早稲田大学、芝浦工業大学など)地域の大学(現在の首都大学東京、当時の東京都立大学)が主催するMEMS関連の異業種交流会などにも参加し、中小企業経営者の方々から大いに刺激・感銘を受けました。大学発ベンチャー1000社、などという政策(平沼プラン)が打ち出されていた頃です。
その経験から、規模の小さな企業においても産学の連携、オープンイノベーションは事業を創出・発展させる上で有効であると確信し、診断士として独立した後も取り組んでおります。脱下請けを目指す企業の有効策となる場合もあります。企業にとって大学は敷居が高いものではありません。
現に、大学との共同で生み出した事業を成長させた中小企業は多々あります。私が関わっている企業でも、将来がとても楽しみなモノづくり企業、ベンチャー企業があります。
② 関連契約業務として、秘密保持契約をはじめ、 共同研究契約、 特許共同出願契約、請負契約、 特許ライセンス契約、 株式投資契約 などの契約書作成・契約交渉に携わってきました。
③ NPO法人産学連携学会などのネットワークを活用して、大学と中小事業者のマッチングの支援も致します。
 なお、私は当学会 では研究促進委員会の委員を務めておりますが、当学会の平成28年度の「功労賞」を受賞いたしました。
http://www.j-sip.org/hyosho/hyosho_in.html
 平成29年6月15日に行われました、産学連携学会の総会におきまして、私が産学連携学会の理事に就任させて頂くことが決まりました。
http://www.chizaikeiei.com/posts/post3.html

④ 平成26年度・27年度の経産省の公募事業「(大学発)シーズ発掘調査事業」では専門委員を務めさせて頂きました。
大学としては近畿大学、信州大学、中央大学、電気通信大学、東京都市大学、東京理科大学、東京電機大学、上智大学などが参加し、金融機関として東京の各信用金庫などが加わったプロジェクトです。官といいますか、「公」としては東京都立産業技術研究センターが参画し、金融機関(信用金庫)は取引先企業をマッチングさせる役割を担いました。
 私自身も、とあるものづくり企業と大学のマッチングを成立させて現在に至るまで、医工連携系の共同研究プロジェクトに参画しております。これは2年間のシーズ発掘事業において、共同研究のマッチングを成立させることができた数少ないプロジェクトで、最も成功しているものだそうです。
※プラズマ治療技術について
 http://www.chizaikeiei.net/plasma.html
⑤ 公的相談案件にて、とある企業と大学とのマッチングと契約業務の支援をし、共同研究プロジェクトが発足しました。平成28年8月下旬にプレスリリースを行いました。
⑥ 平成28年末より、公的支援の制度を活用した新たな共同開発のプロジェクト支援業務が始まりました。事業戦略の策定支援と、それを可能にするための知的財産戦略面での助言を行っています。
⑦ 公的支援策等を下記サイトにまとめてあります。企業が大学と共同研究等を行う場合などに役立つものです。
http://www.chizaikeiei.net/sangaku.html
⑧ 個人の経営コンサルタントが産学連携活動に貢献するためには、技術に関する一定の見識、知的財産権、契約・交渉、事業化の目利き能力、資金調達、プロジェクト管理、事業開発に関する知見、コミュニケーション能力などが求められると思います。
 私自身も、そうした資質を高めるように自己研鑽に取り組んでいます。
⑨ とある技術ベンチャーの支援をすることになりました。巨額の開発費が必要になりそうです。まずは今後の公的資金の獲得に向け、産学官の共同開発のチーム編成について協議しました。

産学連携・医工連携に取り組む中小企業診断士(知財経営研究社 代表)
http://www.chizaikeiei.net/sangaku_shindanshi.html


■先端設備等導入計画の申請支援・作成支援について
今後は、”先端設備等導入計画の申請支援に取り組む中小企業診断士”としても活動して参ります。
ものづくり補助金に関連して、すでに先端設備等導入計画の作成支援をさせて頂く予定となっています。
http://www.chizaikeiei.net/mono_sentan.html


★近況

2018年6月2日
私は平成30年5月26日に、認定支援機関である城西コンサルタントグループの理事に就任いたしました。
先端設備等導入計画の支援もできるように準備を進めて参ります。
※先端設備等導入計画における認定支援機関確認書
http://www.chizaikeiei.net/posts/post23.html

2018年4月8日
先端設備等導入計画の「申請代行」についても、一応、書かせて頂きました。実際には「申請代行」と「申請支援」の違いは微妙ですが。
http://www.chizaikeiei.net/sentan_daikou.ht

2018年4月5日
先端設備等導入計画を申請するには、経営革新等支援機関による事前確認書が必要だということです。
http://www.chizaikeiei.net/posts/post23.html
申請支援サービスの開始に向けた準備も行います。
http://www.chizaikeiei.net/sentan_shinsei.html

2018年4月2日
 ものづくり補助金の公募要領の、先端設備等導入計画に関する規定を改訂して欲しいとする旨のブログを書かせて頂きました。
 http://tmatsudaira.blog.fc2.com/blog-entry-211.html 
 外部ブログでも、先端設備等導入計画に関する情報(申請書の様式、申請マニュアル、申請代行サービスの状況など)を発信していきます。
 https://blogs.yahoo.co.jp/keieiryoku_koujyou_keikaku

2018年3月29日
 生産性向上特別措置法に基づく先端設備等導入計画の情報発信を行っております。
 東京23区や八王子市、横浜市、川崎市などで「先端設備等導入計画」が利用できるようになりそうです。
 金融機関向けにセミナーも提案して参ります。
 http://www.chizaikeiei.net/mono_sentan.html

2017年12月30日
 私のWebサイトの、ものづくり補助金と経営力向上計画のコンテンツを更新しました。
 平成29年度補正予算の「ものづくり補助金」の公募が早ければ平成30年2月にも始まると報道されています。
 ものづくり補助金 
  http://www.chizaikeiei.net/mono_keiei.html
 経営力向上計画
  http://www.chizaikeiei.net/keieiryoku.html 

 中小企業等経営強化法、 中小企業経営強化税制のページは分離・独立させました。
 また、事業分野別指針のページも新設しました。

 中小企業等経営強化法
 http://www.chizaikeiei.net/keieikyoukahou.html

 中小企業経営強化税制
 http://www.chizaikeiei.net/keieikyoukahou.html

 事業分野別指針
 http://www.chizaikeiei.net/keieiryoku_shishin.html

2017年12月5日
 GPIC研究会に入会いたしました。株式会社アドバンスト・キー・テクノロジー研究所の取締役、としてです。
 http://www.chizaikeiei.net/gpic.html

2017年8月2日
 「セミコンジャパン2017(SEMICON Japan2017)/次世代パワー半導体 ~AKT研究所~」のWebページを作成しました。
 私が経営に参画しております、AKT研究所が、「セミコンジャパン2017」への出展申込みをしました。
http://www.chizaikeiei.net/semicon_japan.html

2017年7月5日
 知財経営研究社も発起人となっております、「プラズマACTYコンソーシアム」が、SankeiBizにも「東京都市大と泉工業 大気圧プラズマ装置を開発」と題して掲載されました。これに付随して、YAHOOニュース、gooニュースにも掲載されました。
 プラズマACTYコンソーシアムは、東京都市大学様と泉工業様の共同研究の成果たる、プラズマ治療の技術および装置の実用化を推進するために、東京都市大学、泉工業、コラボ産学官、横浜信用金庫、そして知財経営研究社が発起人となって発足させたコンソーシアムです。
http://www.chizaikeiei.net/plasma.html 

2017年6月28日
 「プラズマACTYコンソーシアム」が、日本経済新聞の電子版に掲載されました。
http://www.nikkei.com/article/DGXLRSP449487_Y7A620C1000000/

2017年6月18日
先週(6月15日)に行われました、産学連携学会の総会におきまして、私(知財経営研究社 代表)が、産学連携学会の理事に就任させて頂くことが決まりました。
http://www.chizaikeiei.com/posts/post3.html
※平成29年7月1日より、正式に理事に就任となりました。
http://www.j-sip.org/org05.htm

2017年6月18日
知財経営研究社のWebページ「知的財産管理技能検定1級の合格のために(勉強方法など)」が、かなり充実したものとなりました。知的財産管理技能士1級の求人情報もご紹介しています。
http://www.chizaikeiei.com/goukaku.html 

2017年5月4日
「知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ」で、大成プラス様の連載記事の2回めをご紹介しました。
今回は、大成プラス様の知財戦略の後編です。
https://blogs.yahoo.co.jp/chizaishindanshi/33940535.html 

2017年5月2日
「知財戦略支援に取り組む中小企業診断士(知財経営研究社)のブログ」で、事業承継補助金についてご紹介しました。
https://blogs.yahoo.co.jp/chizaishindanshi/33934974.html
http://www.chizaikeiei.net/jskhojyokin.html

2017年4月29日
6月中旬に開催される、産学連携学会の大会の「法令等遵守」のセッションにて、座長を務めさせて頂く運びとなりました。

2017年4月25日
2つのベンチマーク(ローカルベンチマークと金融仲介機能のベンチマーク)についてのブログの内容を更新しました。
金融機関との連携を強化したい方は、ご参考にして下さい。
http://tmatsudaira.blog.fc2.com/blog-entry-192.html

2017年4月1日
「ローカルベンチマークと金融仲介機能のベンチマーク」のWebページを改訂しました。
充実した内容になりましたので、是非ご覧ください。
http://www.chizaikeiei.net/benchmark.html

2017年3月21日
 支援先のものづくり補助金の採択が決まりました。
http://www.chizaikeiei.net/mono_keiei.html

2017年2月16日
 ものづくり補助金の支援先の経営力向上計画の認定が取れました
http://www.chizaikeiei.net/keieiryoku.html

松平 竹央 (知財経営研究社) さんの近況

ブログで、「経営力向上計画と先端設備等導入計画の共通点・相違点・比較 」を採り上げました。
http://sentansetsubi.blog.fc2.com/blog-entry-33.html 2018/6/9(土) 20:11

先端設備等導入計画の工業会証明書の様式案が公表されています。経営力向上計画の証明書と共通化されるということです。
http://www.chizaikeiei.net/sentan_kougyoukai.html 2018/6/2(土) 0:35

先端設備等導入計画の認定支援機関確認書の様式案が公表されています。
http://www.chizaikeiei.net/posts/post23.html 2018/6/2(土) 0:35

先端設備等導入計画の申請書などの様式案の情報が入り始めました。
http://www.chizaikeiei.net/sentan_youshiki.html 2018/5/23(水) 0:40

生産性向上特別措置法と先端設備等導入計画の、認定支援機関向けの説明会が開催されます。
http://www.chizaikeiei.net/sentan_seisetsu.html 2018/5/23(水) 0:01

サイボウズLiveは無料で使えるオンラインツール

グループを複数作成して、チームごとにコラボレーション。

スケジュール、掲示板、共有フォルダ。コラボレーションに必要な機能がワンセットに。

携帯を使ってどこからでもアクセス。
iPhoneやAndroidの専用サイトも。

詳しくは サイボウズLive 公式サイトへ